シベリアに暮らす3才の女の子が、熊やオオカミが出没するという森に入り込み行方不明となってしまったのです。

その3才の女の子の名前はカリーナ・チキトヴァ。

母と暮らすカリーナは、4才の誕生日を迎える数日前に父に会いたくなり、父の暮らす隣の村まで行くことを決めました。

これまでにも何度も一人で歩いたことのある道のりだったので、村へは難なく到着。

しかしここで問題が。

村に到着したのまでは良かったのですが、肝心の父は出掛けてしまい村にはいなかったのです。

そこでカリーナは父を探しに森へと出掛けることに。

こうして彼女は行方不明となってしまうのです。

 

SPONSERD LINK

行方不明になってしまったカリーナですが、実は彼女にはある御伴の存在がありました。

その御伴とは愛犬のナイダです。

———-

4d36f6b45ebb4097167678532bb9990e2

———-

一見頼りなさそうに見えるメス犬のナイダですが、カリーナの両親はこの愛犬ナイダに望みをかけました。

しかし大規模な捜索が行われたものの、少女の行方が分からないまま10日が過ぎると、誰もが希望を失いかけていました。

それもそのはず、この地域では7月でも寒く、夜は0度まで冷え込むこともあるのです。

そんな過酷な環境下で3才の女の子が10日間も、ましてや熊やオオカミの出没する森から帰ってこないとすると…

しかし11日目、事態は大きく変化することに。

カリーネと一緒にいるはずだったナイダが突然村に戻ってきたのです。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓