【感慨深い】記憶喪失の妻が突如として姿を消し、ボロボロの布袋を持って帰ってきた。少し怒り気味に妻に問いただしたら…

———-

私の妻は、ある出来事がきっかけで記憶喪失になりました。

現在、私は妻と子どもと3人で東京都内に暮らしてます。

とは言っても、元々東京に住んでいたわけではありません。

都会暮らしが嫌いな私達にとっては、東京の環境は中々慣れませんが、止むを得ずの移住。

そんな都会暮らしがもうすぐ1年になろうとしていた時、とても感慨深い出来事が起きたのです。

私達家族に起きた、小さな小さな出来事。

しかし、それは同じ心境と境遇をされた人も決して忘れる事の出来ない、そして忘れてはいけない出来事。

SPONSERD LINK

私達家族は、岩手の出身。

ずっとふるさとで生活をしていました。

そんな時に発生した、東日本大震災。

記憶に新しく、そして未だ復興が続く現状、仕事や家族の心身などを考えた結果東京へと引っ越してきたのです。

そもそも、東京の地を選んだ一番の要因は、妻でした。

妻は、自分の母親と父親を震災で亡くしたショックから記憶喪失になってしまい、当時の事はもちろん、最初は私の事や子どもの存在すらも記憶から失ってしまいました。

そんな妻の病状などから、東京の病院で定期的に治療やカウンセリングを受けるために決意した東京移住だったのです。

記憶を失った妻は、被災した事すら忘れてしまったのですが、何故かテレビなどで東日本大震災の番組が放映されると、異常な程震えたりします。

「記憶は失ってしまったけど、身体や潜在的な意識で覚えているのかな…。」

そんな風に、驚く事もありました。

記憶喪失とは言っても、日常生活などには支障はありません。

妻の失われた記憶は、震災に関する事と、対人記憶のみ。

それゆえ、治療を受けながらも震災以前と同様の生活は送れていました。

”たった一つの事を除いて”は、家事もなんなくこなし、毎日色々な事を話したりする姿を見ていると、ふと妻が記憶を失っている事や被災した事など忘れてしまいそうなほど。

ただ、そんな妻がある日突如として姿を消してしまったのです。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓