【衝撃】山奥の空家を借りて女三人で住み始めたのだが、その全部が衝撃の連続だった。

専門学生時代に、山奥の空家を借りて女三人で住み始めた。

その全部が衝撃の連続だった。

仏壇が置いてあるままなので住んでくれるだけで有難い、ってことで月8000円。

水道は山水が直接引いてあるのでタダ。超旨い。

ただ飼い猫とかはタヌキに狩られたりするので注意ね、とか言われて猫餅2人はビビってた。

ザッと片付けて住み始めて一日目で、子猫大の巨大ネズミが出た。

でも既に死んでて、二階に積んであった古いマットレスの間に「犬神家」な感じで刺さってた。

ギャーギャー言いながらジャンケンで負けた私が片付けた。

SPONSERD LINK

二日目で巨大ムカデ。

あと庭にはヤスデ(茶色の毛虫)が数万匹。

住み始めて気がついたけど、玄関から見える位置でここんちの墓が並んでた。

横溝正史好きだったが一切読めなくなった。

秋にはカメムシが大量に出た。

窓閉めてても大量に入ってくる。

なんでだろう、と思ってふと壁と天井に隙間があったので覗いてみたら、天井裏?が見えてそこに何千というカメムシがびっしり挟まって?て、速攻ビニールテープ買ってきて目張りしたら入ってこなくなった。

猫が蛇を獲ってきて、でもサイズが猫よりも大きかったせいで、首に巻き付かれて絞められて死にそうになりながら自室に入ってきた時も修羅場だった。

うわああああ!!!って絶叫しながら猫から必死で蛇を剥がそうとするけど怖くて触れなくて

↓↓↓ 次のページに続く ↓↓↓