【まさかの結末】DV旦那に夜働けと言われた幼馴染がうちに逃げてきたんだけど…

まだ20代前半の頃のはなし

私は上京して一人暮らしをしていた。

そこへ幼馴染のA子がアポなしでやってきた。

久しぶりに会うA子にすごくビックリした。

結婚してA子も東京にいるのは知ってた。

まだ携帯もネットも普及していない時代だったから、年賀状で近況を知らせ合うのが当たり前。

A子の顔は痣だらけで、こんな言葉は当時はなかったけど、DVだと察しはついた。

話をきくと、A旦那は賭け事で借金がかさみ、A子に風俗へ行くように命じた。

A子拒否。

怒り狂った夫に暴力で脅され、監禁されたけれど夫の目を盗んで着の身着のまま逃げ出してきた。

年末の寒い中、薄っぺらな上着を脱いだA子はほつれてポロポロのセーターに膝の抜けたジーンズ、穴の開いたよれよれのスニーカー、靴下も履いてなかった。

SPONSERD LINK

手にしているのは私の年賀状だけ、お金がなくて半日歩いてやって来たそう。

庇ってやろうにも、生活の面倒見てあげるほど私もお金を持ってない。

年賀状等もすでに何通か送っているので、私の住所がばれるのも時間の問題。

私の母が義父にDVを受けていたのに警察が何もしてくれなかったし都会の警察は違うかもしれないけれど、警察に呼び出された義父が帰宅してから母にさらに暴力を振るっていたのも見ていたので、警察もダメだと思った。

私も東京に知り合いがいるわけでもなく、同僚とはこんな修羅場に巻き込む程親しくない。

A子にしても、助けてくれる知り合いがいるなら私のところになんか来ない。

とりあえずA子を風呂に入れて私の服を着せて、二人で途方に暮れていた。

A子はいくらかお金を貸してほしい、きっと返すから、と言って泣いた。

現実的にそれしかない気もした。

その時、ピンポンが鳴った。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓