【物は言いよう】バス停のベンチに座っていた女子高生に向かって「あんたまだ若いんだから席譲りなさいよ!?」と嫌味を言うおばさん。その時、女子高生は…

 

私は、毎日近所のバス停からバスに乗って職場に向かいます。

元々は車通勤だったのですが、その数週間前に事故に遭ってしまい、車が廃車…

事故のトラウマから、しばらくバスで通勤する事にしたのです。

今まで一度もバスに乗車などした事のなかった私は、どこか自然な感じがして、それなりに毎朝バス通勤を楽しみにしていました。

そんなまだまだ不慣れなバス通勤数日目のある日に修羅場?のような出来事を目の当たりにしました。

 

SPONSERD LINK

今まではマイカーでの自宅と職場の往復で、その間に誰かに接触するといった事がなかったので、この出来事もバス通勤がなければ遭遇する事はなかったでしょう…

バス停に到着し、いつも通りバスが来るのを待っていました。

そこには、まだ数日目だとは言え、見慣れた毎朝のバス利用者面々。

なんだか、他人であるにもかかわらず、毎朝バス停で顔を合わせ、バスを利用しているというだけで、もう知り合いの様な感覚に陥っていたと思います。

そんないつもの朝となんら変わりのないバス停に、後からズケズケと勢いよくベンチに向かって歩いてきたおばさん…

主婦?のようなその格好は、まだバス初心者の私は見た事の無い人でした。

と、いきなり勢いよくバス停ベンチ目掛けて迫るおばさんは、そこに私より先に来て座っていた女子高生の女の子に突っかかったのです。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓