【スカッと一言】「悪気はなかったのよ~」というも言うトメに旦那がブチギレた
旦那は結婚後も私のことを「嫁子さん」と呼んで、一人称が僕だったり、とても穏やかな性格 そして、何故そんな旦那が育ったのか本気で疑う程に、トメが糞だった 当時のウトメ宅とは車で2時間なので、会う頻度はそこまで高くないけど、新婚当時から顔を合わせると、中学の頃に私の父が事故で死んでるのを片親で育ちが悪い、 私が2歳上なのをババア扱い、計画小梨なのを欠陥品扱いとネチネチと言ってくる その度に、旦那と良ウトが叱るけど、トメは 「そんなつもりじゃ……」「悪気はなかったのよ~」とスルーしてうやむやに 旦那は私の味方してくれるし、二人になった時に「母さんがゴメン」と謝ってくれるけど、相手が実の親なので何とかトメが改心しない か頑張っていた
SPONSERD LINK
結婚から数年後、解禁していたので無事妊娠して、義理としてウトメ宅を訪問して報告 あらかじめ覚悟はしてたけど、こりゃめでたいと喜ぶウトの隣で、小梨ネタが使えなくなったからかトメが明らかに不機嫌そうに、「妊娠が遅い」「高齢(20代後半)だから子供に障害がry」「私の頃はもう2人(旦那と義弟)産んでry」と聞いてもいない自分のエピソードを語る 既に私も慣れたもので、ハイハイと夫婦揃って頷いていた時に、とうとうトメが言った 「仕事で何人も男と会ってるような女だから、本当に息子の子かどうか」 これには私もカチンときたし、ウトも「いい加減にしろ」とトメを大きな声で説教 トメはいつものように、「つい口が」「悪気はなかったのよ」と 逃げ口上を始めたけど、黙っていた旦那がいつもとは違った ↓↓↓ 次のページに続く ↓↓↓