【思いやり】「何時間待たせるの!」病院の長い待ち時間に痺れを切らした、おばさん。するとマスクをした小さな女の子が、あるものを「スッ」と渡した…

 

私は身体が弱いことから、季節の変わり目によく体調を崩していました。

それもあり、病院へと通う機会が多いのですが、この時は気候の変化が激しかったこともあってか、患者の数がいつものよりかなり多くいました。

その病院は、整理券を配布して人数管理と順番を整理していますが、この日にもらった番号はいつもの2倍以上の数字。

 

SPONSERD LINK

「あぁ、今日は長引きそうだな」

そんなことを考えながら、本を読みながら長い待ち時間をやり過ごしていました。

読書をして静かに自分の番号が呼ばれるのを待っていると、突如受付の方からおばさんの怒鳴り声が聞こえてきたのです。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓