自分らしくいこ

そのままで居られる空間٩( 'ω' )و

「【話し】修羅場・衝撃」の記事一覧

【驚き】カフェで人種差別発言をする女性2人にドリンクを奢る親切な男性

  カフェで友人と食事をしていたジャレッド・ウォールさん。 ある日の昼下がり、カフェで友人と食事を楽しんでいるジャレッドさんの席の隣に初老の女性2人がやってきました。 隣の人の会話は聞きたくなくても耳に入ってく […]

【考えさせられる】ランドセルが原因のいじめにマツコがバッサリ!と一言

  テレビ朝日で毎週水曜日に放送されている「マツコ&有吉 怒り新党」。 視聴者からの怒りの声を、マツコ幹事長と有吉政調会長が仕分ける人気の深夜番組です。   ある日の放送で、「嫁いだ娘に孫にランドセル […]

【やり場のない思い】車いすの母と多機能トイレが空くのを待っていたら、やっと出てきたのは健全な高校生。その後さらに…

  障がい者の人などが使う専用の駐車場。 空いているからといって、そこに止めてしまった経験はありませんか。 「まあ、いいか」という安易な判断が困っている人を生み出すのです。   これは駐車場に限ったこ […]

【泣ける】自宅が火事に… その時、取り残された赤ちゃんを命をかけて守ったのは…

  米メリーランド州ボルチモア。 そこにある2階建てのアパートで、深夜、火災が発生しました。 それは住人であるエリカ・ポレンスキさんが、外に停めてある車に向かおうと家を出た矢先の出来事でした。 勢いよく燃えあが […]

【頑張ることの楽しさ】自分は子供に努力をさせない親だったと気付いた出来事

  先日、長男(5歳)のサッカーの大会があり、衝撃を受けたことがありましたので書いてみます。 うちのチーム(というか、特に長男)は、いつも自由でふざけたり走り回ったりして毎週サッカーをほとんどしていません。 指 […]

【考えさせられる】目の不自由な女性に「白杖の音がうるさい!」と怒鳴る男性。しかし、白杖で音を出すことには理由がある…

 「白杖」は、視覚に障がいを持つ方が使うものです。これは直径2cm程度で、長さ1mから1.4m程度のものが一般的だそうです。 街中で実際に見かけたことがある方も多いと思いますが、目の不自由な方は、“白 […]

【スカッとする話】「あのね。何勘違いしてるの?」モンスターペアレンツへ医師が言い放ったひと言

 一言に保育と言っても保育も色々、関わり方も人それぞれ。共働きで3人のお子さんを育てるお母さんのエピソードです。 いつもどおり、保育園へ子どもたちのお迎えに行くと、困った顔をしている保育士さんが。その […]

【子供心】幼稚園で「良い子」だった娘。でも、あるサインが出ていました…

 3歳で幼稚園へ入園した娘。毎日のバス通園も泣かず、幼稚園でも泣かずにいるらしいのですが…。とあることがきっかけで、娘がとっても我慢していたことが判明しました。 実はすっごく「我慢」をしていた娘初めてのバス通園 […]

【( ´艸`)】看護婦さんが幽霊にブチ切れ説教したら…病院で起きたおもしろエピソード18選

 この前医師から「休むというのはただゴロゴロしたり寝るだけではなくて、やりたいことをやり、やりたくないことをやらないことですよ」と言われました。いろいろ疲れてる方の参考になれば…— ヒサノ (@sistervi […]

【思わず涙…】虐待死直前、幼い少女が有名ウイスキーブランド宛てに書いた手紙が心に突き刺さる

 お酒に対して日本よりはるかに厳しい米国社会。アルコール依存症の根はとても深いと言われています。警察が介入する家庭内不和の39%がアルコール依存症によるもの。庭内暴力や精神的な問題を抱えてお酒やドラッグへ向かう […]

【自分らしさ】電車内で女装をした乗客を目撃し、鉄道会社にクレーム。その鉄道会社の返答内容に称賛の声!

 ここ最近では「女装」というジャンルが一般的になってきました。昔よりも女装に対する一般人の許容範囲は広がったのではないかと思いますが、まだまだ理解されにくいのが現状のようです。現在Twitter上では、乗客の心 […]

【感動】男性に激しく吠え続け、必死に池の中へ誘導する犬が伝えたかったことに涙…

 オーストラリアのコフス・ハーバーに、ある家族が住んでいました。その家族の息子、2歳になるアレクサンダー・ケニー君は4本足のお友達と住んでいます。そのお友達とは、スタッフォードシャー・ブルテリア犬のレアーラです […]

【恐怖と悔しさ】電車の中で子連れ妊婦に卑猥な言葉をかけ続けた酔っ払いおじさん…

 第二子を妊娠中、2歳の長女を連れてお出かけした帰りの電車での出来事です。昼過ぎの車内は比較的空いていて、私と娘は端っこの方の座席に座っていました。ある駅で、身なりの汚い50歳くらいのおじさんが乗り込んできまし […]