【小さな幸せ】ある日、いつものようにコンビニに行くと女子高生(現嫁)が居たんだが、俺の姿を見た瞬間泣きだしてしまった。

当時俺が済んでたボロいアパートの隣にはコンビニがあった

いつも仕事帰りにそこで飲み物買ってタバコ吸って家に帰るのが日課だった

そんなある日、俺がいつも通り飲み物を買って外にあった喫煙所に行ったら、見知らぬ女がいた

歳は高校生くらい

まあそれが嫁だ

嫁は特に何もすることもなく、なんか喫煙所のところにある自動車のタイヤ止めのブロックに座ってた

俺も特に気にすることなくいつも通りタバコ吸って帰った

それからちょくちょくそのコンビニで嫁を見るようになった

まあ赤の他人だし、我関せずを徹していた

それでも不思議に思っていた

いつも決まった時間にそこにいて、何もせずただぼーっと座っていた

それから結構月日が経っても、毎日ってわけじゃなかったけど、けっこう頻繁に嫁はいつも決まった時間にそこにいた

さすがに気になり始めていた俺は、何となく、座る嫁に話しかけてみた

SPONSERD LINK

「キミ、いつもいるよな」

「え?」

「いや、いつもこのコンビニにいるなって・・・」

「ええ、まあ・・・」

「前から思ってたんだけど、何してんの?」

「別に。時間潰してただけ」

「帰らないの?」

「帰れない」

実際はもっと不機嫌だった

帰らない理由を聞いても答えなかった

そりゃ、見ず知らずの男にいきなり聞かれても普通は答えんな

でも、なんか複雑な事情があるんだろうなって何となく思った

で、その日は少し肌寒かったから、ホットレモンティーを買って嫁にやった

嫁はビックリしてたよ

なんかめっちゃ警戒する目でこっち見てたけど、「寒いだろうから、それ飲んで温まってよ」と言い残して、そそくさとアパートに戻った

その次の日、いつものようにコンビニに行くと、嫁が珍しく立ってた

そんで俺に気付くなりちょっと照れくさそうに「昨日は飲み物ありがと」って言ってきた

そっから、俺の日課に嫁との会話が加わった

どうでもいい話ばっかりしてたけど嫁は高校に行ってなくて、いわゆるプーだった

そんでかなり話すような仲になった頃、家に帰れないと言った理由を自分から話してきた

↓↓↓ 次のページに続く ↓↓↓