【幸あれ】虐められていたフランス人の転校生を、もともと虐められてた男子が守っていた

中学生のときにフランス人の女の子Aが転校してきた。

生まれはフランスだが育ちは日本。

日本語が上手で笑顔も花のように可愛かった。

もう本当にお人形さんのような可愛さで、男子は色めきたった。

連日囲まれて凄まじい人気っぷり。

それを妬んだ女子グループがAに対して酷い虐め始めた。

Aが転校してくる前はBという男子が虐められていたのだがBは完全にスルーされるようになり、完全に虐めはAにシフトしていった。

SPONSERD LINK

Bは虐められてはいたが、負けず嫌いで虐めなんか気に留めていなかった。

母親がなんとかしようにもそれを拒否する。

本人は「虐め?なにそれおいしいの?」状態で、軽くあしらっていた。

しかし、別に生徒が虐めの標的にされたことでBは激怒。

虐め女子グループを怒鳴りつけて暴れまくった(女子達に怪我はない)

今まで虐めを見て見ぬふりをしていた担任は、Bの母親を学校に呼びつけて「教育がなっていない」と叱りつけた。

Bは黙って俯いていたが、母親は「今まで息子を虐めてきた女子生徒には何も処罰を与えなかった人間が、他人の虐めに腹を立てて暴れた生徒には説教ですか。暴れて教室内の雰囲気を悪くしたことは謝ります。息子も理性がなかったんだと思います。でも息子は自分への虐めは耐えましたが、転校生のお嬢さんへの虐めが許せなかったんです。」と言って頭を下げた。

担任は「虐められる方にも原因はあるでしょうに」とぶつぶつ文句を言っていた。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓