出会いって不思議だなあと思ったこと。 長男大学生、二男三男高校生、四男息子と 同い年の小二の家庭がうちの向かいに 引っ越してきた。 長男二男三男は金髪ピアスで、 引っ越してすぐコンビニ前でたむろ、 四男は真夜中までその辺をうろうろしていて これはやばいなと思った。 四男は人に近寄る子じゃなく、 むしろ逃げる子だったんだけど、 不潔な身なりで物陰から様子をうかがい、 見つかると逃げて、また物陰から…で、 真夜中でもやってるんで オバケと呼ばれていた。
SPONSERD LINK
大人にも子供にもやるんで、 気味悪がって誰も公園で遊ばない。 午後八時くらいに、 老夫婦の庭の物陰に四男が座り込んでいて、 老婦人がものすごい悲鳴を上げて 警察が来たこともある。 町内会で親に注意しに行ったら、 「じゃあそっちで面倒見て。近所の助け合いでしょ」 と話にならない。 警察と児相に連絡しても動かないから、 遠巻きにしていた。 放置家庭が来て二か月ちょっとくらい、 息子の遠足の前日の夕方に、 うちに長男が突撃してきて、 「ガキのリュックと、レジャーシートと、弁当箱って、どこ売ってるんすか?」 と聞いてきた。 ↓↓↓ 次のページに続く ↓↓↓