【思いやり】息子と一緒にランチを食べる青年。母はその写真を見て思わず涙…

 

アメリカ合衆国のフロリダ州に住む、レア・パスケさん。

ある日、友人から届いた一通のメールに、昼食をとっている息子・ポーくんの写真が添付されていました。

その写真を見たレアさんは、涙を流したといいます。

1

 

息子が昼食をとっている姿がなぜ泣けるのか・・・。

レアさんにとってその一枚は、とても感動するものだったのです。

涙を流してしまった、その理由をFacebookに投稿していました。

 

SPONSERD LINK

 

息子ボーくんに対するレアさんの想い

私はよく、自分が中学生だった頃のことを思い出してしまいます。

友達はいたか、先生のことが好きだったか、いじめられていたか・・・。

いじめられた時、私は強がっていたけど、家でひとり泣いていました。

中学校は、私にとって恐怖・・・。

私の息子は中学生だから、今とても心配なの。

これは失礼な言葉かもしれないけれど、私は正直、息子が自閉症だということに感謝しています。

自閉症は、恐怖から息子を守ってくれる盾だから・・・。

特徴的な身振り手振りを怪訝な目で見られても、本人は気付かない。

誰かの誕生日パーティーにひとりだけ呼ばれなくても、本人は気付かない。

ひとりでお昼ご飯を食べていても、本人は気にしない。

私は、そんな息子に毎日こう聞いています。

「今日、なにか悲しいことはなかった?」

「今日は、お昼ご飯を誰と食べたの?」って。

息子はまれに誰かと食べているけど、ほとんどひとりぼっちみたい。

私はそんな彼を可哀想だと思うけど、本人は全然気にしていないの。

いつも笑顔で、とっても優しい子なんです。

引用 Facebook

 

息子に対する想いを綴るレアさん。

いじめられて悲しむことに比べれば、自閉症である方がましだといいます・・・。

そんな彼女に送られてきた感動の写真をご覧ください!

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓