【ちょっといい話】この子は、普通じゃないですね

「この子は、普通じゃないですね」とさらっと保健士言われた時から「普通」ってなんだろうと考えた。

「一度、病院に行って診てもらってください」

たった5分ほどの会話で、一体何がこの子を判断するのかわからなかった。

普通じゃないから「病気」。

心の問題?脳の問題?

生まれ方?母親が原因?

過去世?環境?

とにかく、「普通」に学校には行けなくなった。

SPONSERD LINK

6歳。無理やり引っ張れば引きずれる小さな身体。

雨の日、『いやだ』と泣き叫ぶこの子を引きずって学校へ行こうとした時、ふと気が付いた。

「この子の笑顔が大好きなのに、この子の笑顔で救われてきたのに、なんで、私が泣かせてるんだろう?」

・・・すぐ、家に帰った。

「ごめんね、いやだったね。」

『・・・』

「もう、学校行くのやめようね」

『・・・悪い子?』

悪い子なんかじゃない。

学校に行く事が当たり前にできなかったことが悪い子と思わせてしまうことにあわてた。

行けないこと、できないこと=悪い子なはずがない。

その日から、学校には何度も通い、この子の状態をお話する。

時間をかけて、何度もお話しするうちに、あたたかく理解していただいた。

学校側の理解のためには、病院の診断書も必要だったし、大人の「判断」のためにも病院へ行った。

「アスペルガー症候群」と診断された。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓