【ほっこり(´ω` )】娘とバギーを抱えて困っていた私を助けてくれた女子高生ギャル

先月、千葉県内の某ショッピングセンターに、娘(当時1歳1ヵ月)と行った時のこと。

電車に乗らなければならないので、空いてる時間を狙ってバギーで行った。

その駅にはエレベーターがなく、帰りは娘とバギーを抱えて階段を上がらなければならない。

階段を上がりきって、ホームにいた電車に乗ろうと思ったら、発車してしまった。

次の電車は別のホームなので、また階段を降りて、別の階段を上がらなければならない。

仕方ないから階段を降りようと思ったら、いかにもギャルという感じの女子高生3人組に話しかけられた。

SPONSERD LINK

邪魔だったかなと思って、すまなそうにしていると、

「手伝わせてください」

と。

好意に甘えてバギーをお願いしたところ、残りの二人が

「赤ちゃん抱っこしてもいいですか?絶対落とさないようにします」

と言って、片方の子はすごーく慎重に娘を抱いて、もう一人は、いつでも娘をガードできる体制でいてくれた。

階段を降りたり上がったりしている間、

「バギーって重いですね」

「赤ちゃんを抱っこするのも結構大変!」 

「お母さんはいつもこんなこと一人でしてるんだから、すごいですね」

などと言ってくれた。

そして、目的のホームに着いてお礼を言ったら、とても素敵な言葉が返ってきた

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓