【恥ずかしい】大工は、そろそろ仕事をやめて、妻と一緒にのんびり暮らそうと思ったが最後に一軒だけ建ててくれないかと頼まれ、大工は承知したが、真剣に仕事をする気はなかった。

引退しようとしているある高齢の大工の話を紹介しよう。

この話が私は好きだ。

とても大切なことを語っているからだ。

その大工は、もうそろそろ家を建てる仕事をやめて、妻と一緒にのんびり暮らそうと思った。

雇い主は、個人的な願いとして「もう一軒だけ建ててくれないか」と頼んだ。

SPONSERD LINK

大工は承知したが、真剣に仕事をする気はなかった。

粗悪な材料を使い、手を抜いた。

キャリアを積んだ優秀な職人の幕引きにしては、残念な仕事だった。

家は完成した。

点検にやって来た雇い主は、玄関のカギを大工に渡していった。

「この家はあなたの家です。私からのプレゼントです」

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓