【夫婦の感動する話】毎日必死に働き、仕事第一だった俺。だけど、そんな中、忘れられない誕生日となった。

 

俺は入社以来日々ひたすら数値を追い続けてきた

毎日必死に働き、7年経った今では会社からも業績を認められるようになった

何度か昇格をして部下が何人かいる

重要な仕事も任されるようになっていた

今まで仕事第一で嫁には寂しい思いをさせてきていた

今年は結婚して5年目、お互いの誕生日には食事にでも行こうと約束した

俺の誕生日だけど、今まで支えてくれたお礼に嫁が行きたがっていた高級レストランに行くことにした

嫁が電話したら奇跡的に予約が取れたらしい

事前に会社にも伝えていたが、当日も朝早くから同僚や部下達に今日は早く上がると伝えていた

しかし夕方頃、外出中の部下から信じられない電話が入った

 

SPONSERD LINK

1番の取引先に対してあり得ないミスをしたらしい

すぐに取引先の部長さんと電話で話をしたが、普段温厚な方がもの凄い勢いで激怒していた

とにかく取引先の工場に行って責任者に謝罪をしてから本社に来てくれと言われた

急いで工場に向かい、落ち合った部下と共にとにかく謝罪した

取引先の部長さんと詳細を話していたからなのか、工場の責任者とはすぐに話が終わった

取引先の本社に向かう途中で嫁に連絡を入れた

「大変な状況みたいだから仕方ないよ。レストランの予約はキャンセルしておくね。」

嫁は俺の立場を分ってくれていたけどやはり残念そうだった

申し訳ない気持ちでいっぱいだったが、それどころではなかった

受付で第一会議室へと案内された

1番端にある、1番大きい会議室だ

取引先の主要社員が数名待機しているのだろう

ドアの前で一度深呼吸をして気持ちを落ち着かせた

さっき聞いた部長さんの激怒した声が思い出された

とにかく謝るのみだ

俺はノブに手をかけ、そっとドアを開けた

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓