【考えさせられる】ウエンツ瑛士さんがワイドナショーで語った『引きこもりに対して思うこと』に多くの共感の声

 

バラエティ番組に引っ張りだこのウエンツ瑛士さん。

俳優、タレント、ミュージシャンとその器用な才能には驚かされます。

ウエンツさんは17歳の時、小池徹平さんと「WaT」というユニットを組んで、ストリートミュージシャンとして活動を開始しました。

 

おいけさん(@oike0105)が投稿した写真

 

代々木公園周辺で毎週ライブをし、気づけばとんでもない人気となっていたようです。

そんなウエンツさんが、9月11日に放送されたトーク番組『ワイドナショー』に出演し、そこでの彼の発言が大きな話題となっているようです!

 

SPONSERD LINK

 

話題は「引きこもり」について

ワイドナショーでは、「過去1年以内に自殺未遂をした人は推計53万人」というテーマが挙げられていました。

その中で 引きこもりの数は54万人、自殺未遂の数字と似ている といった話になりました。

196609_1

 

この時、ウエンツさんは「自殺を考えたことは一度もない」と話していました。

その上で引きこもりに対しても言及したウエンツさんは、独自の考えを述べていました。

その言葉に多くの人の共感を呼んでいるのです。

彼は、いったいどんな発言をしたのでしょうか?

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓