【衝撃的】イジメに遭い、娘を亡くした母。最後に残された日記には思いもよらない出来事と犯人の名前が記されていた。

皆さんは、イジメという残虐非道な問題をどう受け止めていますか?

自分にはあまり関係無いと思う方も、今までそういった事と無関係だった方も多くいると思います。

しかし、出来ればそんな方にもこの内容を見て頂き、今この瞬間にもそこら中で起きているイジメについて考えて頂きたいです…

私の娘は、14歳でその生涯を終えました。

たったの14年間しか生きる事ができませんでした。

中学校に入学して以来、ずっとイジメに遭っていたのです。

死んでしまうまで、共に生活をしていた私でさえも気付く事が出来ないほどそのイジメの内容はあまりにも酷かったのです…

SPONSERD LINK

娘は、普段から明るい子で、家でもその明るさを絶やした事はありません。

まさか、学校でイジメをされているなんてほんの少しだって感じられませんでした。

もっと注意して、もっと気に掛ける事が出来ていたら、もしかするとイジメにの事実に気付けていたのかも…そう思うと自分を責め、悔やんでなりません。

娘がイジメに遭うこととなったそもそもの原因は、元々イジメられていた子を庇った事が原因だったそうです。

娘の死後、娘の部屋にある机の引き出し奥から見つけた日記には、その細かな内容が記されていました。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓