【自分にできること】「無限の力」を信じて残された人生を、  生き抜いていきたいと勇気づけられた作文。

突然、それは本当に突然でした。

四年前になります。

お正月を過ぎてほどない日の午後、息子の功(いさお)が意識を失って倒れたのです。

不整脈から心肺停止状態に陥ったのでした。

小学生から野球に熱中し、中学生になると浦安(うらやす)リトルシニアに入り、やがては甲子園出場、プロ野球の巨人入団を夢見ていました。

そんな作文を小学六年の時に書いています。

中学三年で身長176センチ、体重63キロ、鍛えた筋肉質の身体は頑健で、学校は無遅刻無欠席、病気らしい病気を知らずにきた子でした。

それだけに突然の異変は驚きでした。

SPONSERD LINK

それから四か月、何度も訪れた危篤状態を驚くような生命力で乗り越え、平成12年5月20日、功は天国に旅立ちました。

15歳8か月の人生でした。

振り返ると、一日24時間ではとても足りないような毎日を過ごした子でした。

中学生になると、土日は野球の練習や試合でいっぱい。 

学校では生徒会役員を一年生からやり、三年では学級委員長も務めました。

それだけでも手いっぱいなのに、部活動ではバスケット部に入りました。

苦手の英語も、英会話で進める授業の面白さに引かれ、その勉強もしなければなりません。

野球の仲間、クラスメートとの遊びもあります。

あれもやりたい。これもやりたい。

でも、功はこだわりの強い性格なのでしょうか。

中途半端が大嫌いで、どれ一つとして疎かにはできません。

徹底してやるから、時間がいくらあっても足りないはずです。

「ああ、時間が欲しいよォ」いまでも功の声が聞こえるような気がします。

あんなふうに生きたのも、自分に与えられた時間の短さを予感していたからなのかもしれません。といって、功は特に才能に恵まれた子ではありませんでした。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓