【心温まる】キャビンアテンダントに恋した野良犬。一途に待ち続けた結果…

 

「どんなに遠く離れていても、君のことを決して忘れたことはない」

それはまるでドラマのようなセリフですが、現実にそう言っているかのような奇跡の出来事が起こりました。

南米にあるアルゼンチンでの話です。

アルゼンチンにいた1匹の野良犬が、キャビンアテンダントのオリビア・シーバーズさんと出会います。

 

この一途な恋物語はそこから始まっていくのです!

 

SPONSERD LINK

 

オリビアさんとルビオのアルゼンチンでの出会い

キャビンアテンダントの仕事でアルゼンチンを訪れたオリビアさん。

彼女は自宅で2匹の犬を飼うなど、動物が好きということもあり、そこで少しの時間だけ野良犬と遊んでいました。

その野良犬はすっかり彼女に懐いて、離れようとせず、オリビアさんが、宿泊しているホテルまで、後についてくるほど。

ホテルに迷惑がかかってはいけないと思い、わざと道を変えたりしましたが、野良犬はついてくることをやめません。

その後の犬は、ホテルのエントランスで彼女が出てくるのを待ち続けるようになったといいます。

無下にはできないと感じた彼女は、このイヌに『ルビオ』と名付け、“アルゼンチンにいる間”遊んであげました。

しかし、ドイツ人のキャビンアテンダントだったオリビアさんは、仕事が終わればドイツへと帰らなければならないのです。

「さすがに数ヶ月も会わなければ、私のことは忘れるだろう」そう考え、オリビアさんはアルゼンチンを旅立ちます。

それから数ヶ月経ち、再び仕事でアルゼンチンへと訪れたオリビアさん。

同じホテルに宿泊する予定だった彼女を待ち受けていたのは・・・

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓