【子育て】自閉症の息子を育てていて、一番傷ついた言葉

 

たとえ丁寧な言葉遣いをしていても、そこに“言われた側の気持ちになって考える”“相手の立場に立って考える”の気持ちが入っていないと相手を深く傷つけてしまうことがあります。

私もそんな経験を何度かしたことがあります。

自閉症の息子をどこも受け入れてくれなかった

自閉症の息子が小学校1年生の時の話です。

喘息発作が激しい息子に何とか体力をつけてほしいと、水泳教室の体験授業に連れ回していました。

落ち着きがなく常にウロウロしている多動な子どもでしたので、行ったすべての水泳教室で玉砕。

どこも入会を受け入れてはくれませんでした。

特に、そのこと自体をどうこうは思っていません。

スクール側の人間、企業側に立てば、その他大勢の生徒さんを預かっているわけですから、皆に迷惑がかかる大変な子どもに入会許可を出すことはできないのでしょう。

でも、同じ断るのにも実に様々な言い方をされました。

その中でも、「その言い方は、心無いのでは」と思ったことがありました。

 

SPONSERD LINK

あなただったら、どの断り方を受け入れられますか?

以下は実際、私が言われた断り文句です。

①▼▼▼水泳教室
「せっかくお越し下さったのに申し訳ございません。障害のあるお子さんは対象外ですから、入会をお受けすることはできかねます。」

②■■■水泳スクール
「他のお子さんに迷惑がかかってしまいます。誠に申し訳ございませんがお引き取りください。」

①②はとっても丁寧な言い方です。

でも、私は「結局、うちの子はみんなと一緒にできる子ではないから、来てもらっては困るということでしょ」と思いました。

でも、一番、心をえぐり取られたきつい言葉は…こんな風に言われました。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓