【感動秘話】ある助産師さんのお話

 

赤ちゃんを産むとき、陣痛というものがある。

陣痛は、初産で約24時間

2人目以降で約12時間続くものらしい。

妊婦さんの中にはこの陣痛がとても苦しいので、

「産む側は大変、赤ちゃんは生まれてくる側でいいなぁ」

と言う方もいるらしい。

しかし、助産師さんはこれは大きな勘違いだと言う。

赤ちゃんの方が妊婦さんの何倍も苦しいのだと。

実は、子宮は筋肉でありこれが収縮したり緩んだりするのが、陣痛の正体らしい。

 

SPONSERD LINK

陣痛が始まり、子宮が収縮すると赤ちゃんは首のところを思い切り締め付けられ、へその尾からの酸素が途絶え、息ができなくなるそうだ。

子宮の収縮は約1分間。

その間思い切り首を締められ、息ができない。

1分たてばまた子宮はゆるむがまた陣痛が来れば1分、息ができなくなる。

しかも陣痛の間隔はだんだん狭くなる。

この陣痛に耐えられなければ赤ちゃんは死ぬ。

まさに命懸けだ。

だからこそ、赤ちゃんは慎重なのだという。

実は、陣痛がおこるためには陣痛をおこすホルモンが必要らしいのだがこのホルモンを出しているのは、お母さんではなく、なんと赤ちゃん自身。

赤ちゃんはとても賢く、自分自身で自分が今陣痛に耐えられる体かを判断する。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓