【思いやり】社内トラブルで帰宅できそうもなく、娘の誕生日を祝えないと思ってた中、上司がさらに仕事を頼んできた。その内容が…

 

仕事をしていると、どうしても予期せぬトラブルや残業が生じてしまうもの。

それが、どれだけ特別な日であったとしても・・・

その日は愛する娘の5歳の誕生日。

決算前の繁忙期ではありましたが、何とか夜はスケジュールを空けて、誕生日を祝う為に帰宅しようと考えていました。

しかし夕方前に、重大な社内トラブルが発覚。

部署全員で夜通し対応しなければいけない様な、重大なトラブル。

幾人かの部下を率いる立場だった事もあり、娘の誕生日といえども帰る訳にもいかないと考え、部下を鼓舞しながらトラブルの解決に取り組んでいました。

そんな時に、部署のトップである上司に、仕事を依頼されます。

 

SPONSERD LINK

渡されたものは、段ボールの小箱と書類らしきものが入った封筒。

宛名には、取引の長いクライアントの名前が書いてあります。

「急いで、この書類を◯◯へ届けてくれ」

荷物を持ち込み、車へ乗り込みます。

その時携帯電話に、一本の電話が・・・

その後、涙を流す事になるとは、思いもよりませんでした。

電話の相手は、仕事を依頼した上司でした。

「◯◯(これから荷物を届ける会社)から連絡があって、あちらでもトラブルが生じているらしい」

「うちからも一人、プロジェクトメンバーを行かせた方が良いと思っているが、行ってくれるか?」

「多分、夜通しになってしまうと思う」

元々今日は帰れないと覚悟していたので、わかりましたと返答します。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓