【因果応報】道路工事で渋滞中にイライラして作業員に車内から缶を投げ付けた若い運転手。しかしその後…

愛知県名古屋市にある環状線。

ここは、普段から工事をしている時が多く、どの時間に限らずかなりの渋滞が発生しています。

そして夕方の帰宅ラッシュピーク時ともなるとさらに微動だにしない程の凄まじい渋滞。

こうも激しい渋滞になると、普段から穏やかな人でさえもさすがにイライラとしてしまうのもわかる程です。

特に、何も無い状態でも渋滞する中道路工事で一車線を封鎖していれば、尚の事。

まさにそこで仮眠も出来てしまうくらいに車が延々と並び渋滞してしまうのです。

そんな先々週の週末。

 

SPONSERD LINK

土日が休みの人にとっては華の金曜日という事もあり、自宅に早く帰りたい人や、一度帰宅して着替えてから出かける人、遊びの目的地へ向かう人など様々いる中、いつもの道路は普段に増して大渋滞。

私は、「またか…」と、半ば諦めモードでサイドブレーキを引いて前の車が動き出すのをジッと待っていました。

すると、何やら後ろが騒がしい爆音の音楽と低いマフラーの音が鳴り響く中、私の車のすぐ後ろに青いオープンカーが一台。

バックミラーとサイドミラーで様子を伺うと、運転席には髪の毛の茶髪な若い男性と助手席にはこれまた茶髪な彼女らしき女性が一人。

誰が見ても、現代の若者といった感じでした。

ミッションであろう青いスポーツカーの愛車を吹かして渋滞に対し怒りとイライラを露わにしている若者運転手。

ハンドルをリズミカルに叩いている様子は、激しい音楽にのっているのかイライラなのか分からない程でした。

どれだけ急いでも前には進めないし、その真っ青な自慢のスポーツカーをどれだけ愛していても車と車の間をすり抜ける事は出来ません。

バックミラー越しに、「クラクションでも鳴らされればうるさいし嫌だなぁ…」なんて少し警戒気味に見ていました。

最近の若い人はとんでもない事をしでかす事が多いと聞くので、念のため警戒。

と、その時やはり嫌な予感は的中するのでした…

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓