【幸せ】大学時代からの友人(独身男)が「結婚なんて負け組」それに対して二児の父親は…

文化が発達し、娯楽も増え、多種多様な生き方が人々に根付いている昨今。

数十年前とは比較にならない位様々なアイデンティティーが存在し、一つの世界の中でそれらが共存し成り立つ現代は、何とも不思議な世界だなと感じる事があります。

しかし時にはそうした概念同士がぶつかり、仲違いや口論が生まれる事があるのも事実。

特にその概念に対しての思いが強ければ強いだけ、対極に存在する概念を否定したくなるのもまた、仕方がない事なのかもしれません。

大学時代からの友人関係が続く、二人の男性。

一人は卒業後に就職した企業にずっと勤め、結婚、出産を経て現在は二児の親。

お小遣い制を採用していて、月に自分で使えるお金もほんの僅かな額しかありません。

もう一人は、就職後数年で独立し、現在経営者。

独身でお金にも余裕があるため、高級車に乗ったり、クラブをはしごしたりと、随分と派手な生活をしていました。

そんな対極の生活をしている二人が、数年ぶりに再会し、飲みに行く事に。

SPONSERD LINK

そして飲み屋の中で質素な生活をしている男性を見た経営者の男性は、

「俺にはそんなつまらない生活はできない」

「結婚なんて負け組だ」

と、お小遣い制で少ない額をやりくりしながら子供と妻の為に生きる男性の生き方を、きっぱりと切り捨てるのでした。

そんな事を分かっていたのか、二児の親である男性は、

「確かに、お前にはこういう生活は似合わないよな」

と、つまらない・負け組といった言葉に対しても笑って受け入れていたのでした。

しかしその後、二児の親である男性が、自分の生き方に対しての考えを、派手な生活をしている男性に話し始めます。

その言葉からは、真剣に自分の生き方に向き合いながら考え、辿り着いた自分のアイデンティティーに、誇りすら感じる事ができたのでした。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓