【心が温まる話】容赦なく切符を切られるスピード違反。警察官の人間味溢れる行動にドライバーが涙した理由が胸を熱くする。

警察官も1人の人間。ドライバーが涙した理由が胸を熱くする。

これは今年に入ってから米・インディアナ州で起きた出来事です。

ロドニー・ギブソンさんは車で帰宅途中、ルームミラーにパトカーが追ってくるのが見えました。

スピード違反だったのです。

ギブソンさんは警官に言われて初めて、自分がスピードを出し過ぎていたことに気付きました。

頭の中がいっぱいで、とにかく家路を急いでいたのでした。

 

SPONSERD LINK

その時の警察官であるトッド・ダーニルさんは当時の状況をこう振り返りました。

———-

cached

———

“スピード違反を告げに行くと、彼はとてもイライラして動揺しているようだった”と。

でもそこでダーニルさんは何かが違うと思ったのです。

違反で止められたことに対して取り乱しているわけではなさそうだと感じたそうです。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓