【いい話】恋の神様からのメッセージをあなたへ贈ります

 

昔とある町に 、1人の男の子と1人の女の子が住んでいた。

男の子は、自分のペースで物事を取り組み、「面倒くせぇ」と、言っては途中で飽きて、すぐに諦めてしまうような子だった

女の子は何でも一生懸命に取り組み、「頑張れば何でもできる」と、言っては、頑張りすぎて疲れ果ててしまうような子だった。

そんなある日、2人が町で偶然出会った。

良い所も悪い所もお互いにないものを持っている2人 。

そんな2人が、互いに惹かれあうのに時間はかからなかった。

男の子も女の子も毎日が発見で、毎日が真新しく、そして毎日を笑い合いながら楽しく日々を過ごしていた 。

2人で過ごす時間の中で

男の子は最後まで、一生懸命頑張る大切さを知った。

女の子は自分のペースで無理せず頑張る大切さをを知った。

そうして幾日過ぎただろうか。

2人の会える時間も少なくなりだんだんと、男の子の心は離れていった。

女の子は悲しかった。

男の子の心が遠くへ行ってしまいそうで、自分1人だけ置いていかれそうで、そして、この先1人ぼっちになってしまうような気持ちで怖かった。

 

SPONSERD LINK

 

そんなある日

男の子は、女の子に別れを告げた。

女の子には理解できなかった。

あんなに毎日が楽しかったのに

なぜ、男の子が女の子の隣からいなくなったのか

女の子には全くわからなかった。

それからの女の子は誰かと出会う事が怖くなった。

誰かと出会い、また別れるのなら誰にも会わなければいい。

家の中に1人でいれば、そうすればこんなに悲しい別れをもう二度としなくてすむ。

こんな思いをしなくてすむ。

そう言って 、家の中に閉じこもり毎日を過ごしていた。

それをずっと見ていた恋の神様は見るに見兼ねて、女の子にこんな事を聞いた。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓