【気づき】「愛してくれているなら、無条件に自分を受け入れてくれて当然だ」

「愛してくれているなら、無条件に自分を受け入れてくれて当然だ」

こんな理想が強くあると、
家族や恋人や友人が自分の思いに
こたえてくれない時に、

「自分のことを本当は愛していないのだ」

と落ち込みます。

しかし、

SPONSERD LINK

どんなに気が合う恋人でも、
仲がいい夫婦でも、
無条件で相手を受け入れることは
できません。

立場を変えてみれば、
そんなことはまず無理だと
分かるでしょう。

相手が自分の気持ちにこたえてくれない
と悩んでいる時、
それは、相手がこたえて
くれないのではなく、
あなたが相手に求めすぎて
いるのかもしれません。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓