【言葉使い】病院の待合室に貼られた『院長先生からのお願い』の張り紙に思わず納得。

 

治療を嫌がる子供をなだめすかして病院に連れていくのって大変ですよね?

そんな子供に手を焼くのはお母さんだけでなく、お医者さんや看護婦さんなども一緒。

そんな中、Twitterで barbora (@barboramusic)さんが紹介した『院長先生からの保護者へのお願い』の張り紙が納得できる!と話題になっています。

それがこちら!

 

 

SPONSERD LINK

 

このツイートに寄せられたコメントでは・・・

 

 

 

 

 

と、子供の保護者のみならず、同じ医療関係者からも共感の声が!

否定的な声掛けから肯定的な言い方に変えるだけで、恐怖心を和らげ、はやくよくなりたいというやる気、そして治療を頑張った事を褒めてもらえた喜び・・・

子供の気持ちもかなり楽になって、泣いたりごねたりする事も少なくなるのではないでしょうか。

子供に対してだけでなく、周りにも配慮できるような言葉使いを心がけたいものですね。

————————————
引用元:http://buzz-media.net/
画像:写真AC