【強い優しさ】車椅子生活になった私の側にいてくれる彼。ある日、彼の友人達が「正直面倒だろ、まだ若いんだし新しい彼女を  作った方がいいんじゃない?」と…

事故にあい、 足が不自由になってしまいました。

車椅子なしでは外出もできませんし、 トイレも昔のように スムーズに行うことができません。

そんな私からは 友人たちも離れていきました。

でもたった一人、 事故にあう前からずっと私のそばには 彼がいてくれるんです。

何度も八つ当たりしました。  

SPONSERD LINK

物を投げつけたり、 ひどいことを言ったり、 自殺をはかろうとしたり・・・

今思うと恥ずかしいですが、 この世で自分が一番不幸だと 思っていました。

でも彼は私の側から 離れていきませんでした。

リハビリ、 トイレ、 嫌な顔一つせずに介助してくれました。

引きこもりがちになっていた私を、 何度も外に連れ出してくれました。

そんな彼とこの間、 食事をしに行った時のことです。

↓↓↓ 次のページに続く ↓↓↓