【いい話】マツコデラックスが撮影でディズニーシーへ。その時、マツコさんが見せた周囲への気遣いや振る舞いがネットで話題に…

 

10月1日放送のバラエティ番組「夜の巷を徘徊する3時間特集」(テレビ朝日)で、タレントのマツコデラックスさんが人生初、夢の国東京ディズニーシーへ足を踏み入れました。

その撮影の際にマツコさんが見せた周囲への気遣いや振る舞いがネットで話題となっています。

マツコさんといえば、身長180㎝、体重140Kgの巨体でありながら女装家というユニークなスタイルが売り。

それに加えてレギュラーでMCを務める数多くの深夜番組の中で見せているのは、世の中のものごとズバッと本音で語る毒舌キャラです。

そんなマツコさんがディズニーシーで見せた素敵な振る舞いとは一体どんなものだったのでしょうか…

 

SPONSERD LINK

収録が始まると、遠くから見ても目立ってしまうマツコさんの周りは人が集まりザワつき始めます。

その様子を見たマツコさんは「私、反省してるのよ、今。やっぱり夢の国に来てさ、隣に私がいるっていうのはダメだよ!」と語り、その後は混雑を避けながらアトラクションを楽しんでいたようです。

そしてサインや握手、記念撮影にも気軽に応じ、絶えず周りに気を遣っている様子で、遭遇する人には絶えず挨拶をして「ありがとうね」と感謝の言葉述べながら歩き回っていました。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓