【出会いと別れ】少年院の少年が施設で出会った小さな男の子

何年前か?

1月の朝がとても寒い時に必ず思い出す少年がいます。

当時、私は狭心症で休職して九州の実家にて静養していた時でした。

毎朝、デッカイ黒のラブラドールレトリバー愛犬テツと散歩していた時にいつも遅刻して実家の前の中学校に通ってた少し不良な少年の事です。

いつの間にかテツと仲良くなり、私ともよく言葉を交わすようになりました。

家庭環境は複雑みたいですが、よく部屋に遊びに来るようになったのです。

しかし、何を語るわけでなくテツと部屋でよく遊んでました。

2月、3月と時が過ぎていき次第にその少年は不良のボルテージが上がり髪も染めていきました。

でも私の部屋ではいつも純粋な少年の目で、テツと遊びよく笑ってます。

そんな時でした、急に部屋に遊びに来なくなり、学校にも行ってないようで心配しておりましたら突然夜中に部屋に来て、さよならを言いに来たと言うのです。

SPONSERD LINK

どうしたのか聞いてもうつ向いたままでテツの頭を悲しそうに撫でて部屋をでました。

やっとあったかな春が来たのにそれから少年は来なくなりました。

あったかくなったら遠くまでテツと一緒に散歩に行こうって約束をしていたのに来なくなりました。

何があったんだろう…とても心配な気持ちで何故かテツも寂しそうな顔に見える毎日を過ごしておりまた。

半年が過ぎ、もうすぐで1年がたとうとしてるまだ寒い時期。

いつしかその少年の事も気にしなくなっていた頃、寒かった夜のことです。

愛犬テツが寿命を全うし静かに眠っていきました。

寂しさで胸が引き裂かれそうな思いでした。

こんなにも家族同然に育ったテツと別れることが悲しいものなのかととても落ち込んでいました。

そんな悲しみのどん底であったと思いますが何もしたくなく、何もできなく、何も考えられないほど私は悲しみの底に沈んでいた時のことです。

1年前にこなくなったあの少年が急に部屋に遊びにきました。

私はその少年の顔を見てなぜこんなに明るい顔になったんだろう?

何があったんだろう?

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓