【女の勘は恐ろしいw】元カノにバッタリ会ったら未亡人になっていた。それで平凡だったオレの身に突然、嵐の出来事が起こった…

ある日、元カノにバッタリ会った。

時間があったので、お互いの身の上を話していると彼女が未亡人になっていたことが判明。


まず、スペック

オレ=30代後半、妻子持ち、愛人ナシ

普通のリーマン、年収は並だと思うが可処分所得は低いw

夫婦仲は悪くないが、ラブラブでもない。

元カノ=同い年、昔はポッチャリ型で巨乳の持ち主だったが今は少しやつれた感がする。

旦那は最近病気で亡くなったらしい。高校生の娘が居る。

misonoに似ていないこともないので、今後ミソノと呼ぶ。

彼女に再会したのは秋風吹く土曜の午後、某ショッピングモール内にある施設でのこと。

小学生の末っ子を習い事に連れて行った時のことである。

受付で名前を記入した末っ子を見送りながら、受付の女性になんとなく見覚えがあるような気がした。

同時に、相手もそんな感じでオレを見ていた

・・・そして・・・物語はこの一言から始まったのである。

女性「オレさんって・・・○○市に住んでました?」末っ子の苗字を見ながら女性がなんとなく言った。

オレ「えっ?・・・高校までは、そこに住んでましたけど?」オレはあまり考えずにそう答えた。

女性「やっぱり・・・私、ミソノです・・・」一瞬の間というか躊躇いの後、女性は言った。

オレ「はぁ?!」

オレの頭の中は突然のカミングアウトに混乱していた・・・というか

まず“ミソノ”という名前が誰なのか瞬時に理解できなかったのである。

女性「高校2年生の頃かしらね、ふふっ」手を口にあてながら小首を傾げて少女のように笑う

オレ「あっ!」その仕草で全てが蘇ってきた。

SPONSERD LINK

学園祭の準備を機に仲良くなった二人。

CDとか貸し借りしたっけ・・・

で、貸したCDが戻ってくる時には折り畳んだ小さな手紙が添えてあり他愛もない内容だけどそれが嬉しかったり・・・

オレは塾、彼女はバイトの帰りに待ち合わせてハンバーガーとか食べたよな・・・

そういえば、初詣にも行ったな・・・ふたりで願をかけたような気もする・・・

で、結局なんで別れたんだろう?

そこまで思い出して我に返った。その間、何秒だったろうw

オレ「ひ、久しぶりですね」敬語だ。動揺は隠せないw

ミソノ「そうですね」30代後半とは思えない美しい笑顔だ

ミソノ「私、これから休憩に入るんですけど、お茶でもどうですか?」

オレ「い、いいですよ。どうせ末っ子を待たなきゃいけないですから」

というわけで、二人でモール内の喫茶店へ出かけた。

空白の時間を埋めるように、お互いこれまであったことを話した。

大学はどこに行ったかとか(彼女は高校卒で働いたらしいが)

仕事は何をしてるかとか。

お互い結婚して子供がいることとか。

その時にミソノがご主人を亡くしていることも聞いた。

オレは何て言っていいのか分からず、ただ「そう・・・」としか言えなかった。

そして、ミソノの次の質問がオレを一気に過去へ引き戻した。

ミソノ「オレくん、あの時どうして来てくれなかったの?」少し悲しそうに笑う

オレは“あの時”が、どの時を指しているのかすぐに分かった。

別れが決定的となった日のことだ。

英語で言うなら「ポイント of ノーリターン」だw

オレの記憶では“あの時”の経緯はこうである。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓