【心温まる話】ゴミ収集車のおじさんのことが大好きな少女はある日、カップケーキをプレゼントした。すると驚きの展開に…

 

アメリカ・インディアナ州に住む、3歳の少女ブルックリンちゃん。

彼女は1年ほど前から毎週木曜日の朝、家先で友達を待つようになりました。

1

その友達とは・・・

ゴミ収集業者のベテラン清掃員のデルバーさんというおじさんです。

彼女がデルバーさんに想いを寄せる理由は、家から出た不要になったゴミをキレイ持ち去ってくれるからだといいます。

デルバーさんは彼女にとってヒーローのような存在ということでしょうか。

そしてブルックリンちゃんはある時、デルバーさんにプレゼントを渡すことに決めました。

 

SPONSERD LINK

 

彼女が渡すプレゼントとは、カップケーキ。

その日はデルバーさんがゴミを集めに来る木曜日。

そして、偶然にもブルックリンちゃんの誕生日でもありました。

2

ブルックリンちゃんは自らカップケーキをプレゼントして、友達のデルバーさんにも自分の誕生日を祝ってもらおうと考えたのです。

しかし、デルバーさんの笑顔に完全にやられてしまったブルックリンちゃん。

言葉が出なくなってしまい、代わりにお母さんが彼に「いつも木曜日を楽しみにしていて、手を振り返してくれることを感謝している」と伝えました。

するとデルバーさんも、毎週木曜日にブルックリンちゃんに会えることを楽しみにしていると返してくれたのです。

そしてお母さんがブルックリンちゃんに対して「大丈夫?」と聞くと、彼女はこのように答えました。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓