【相手の本質】やくざを泣かせた5歳の息子の話

あれは暑い夏の日のお昼過ぎ・・・

いつものように、2歳の娘を連れて息子の幼稚園へお迎えに行った帰り道。

「アイスクリーム、食べようか?」

暑かったので、三人で駅前のベンチに腰掛けて、アイスクリームを食べることにした。

そんな日常の一場面。

もし、あのやくざが駅の階段を降りて来なければ、ただの忘れ去られた日になっただろう。

その男は、顔に大きな刀傷があり、みるからにやくざだとわかるチンピラ風。

昼間から酒の臭いをプンプンさせていた。

ぐでんぐでんに酔っぱらっていたその男は、私の息子のすぐ横に座った。

SPONSERD LINK

男はふっと顔をあげると、座った目で私の息子をじーっと見つめた。

私はドキドキしてきた。

まさかこんな幼い子どもには手を出したりはしないだろうけど、

でも、こんな泥酔状態じゃ、普通の精神状態じゃないだろうし。

どうしよう!

私は心の中でつぶやいた。

なにもなかったように、アイスクリームを食べ続けてはいたが、もう味などわからなかった。

男は5歳の息子の肩に手を置いた。

やばい・・・

どうしよう・・・

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓