【感動】母の死を乗り越え、弟の大学進学のために全てを捧げた成宮寛貴さん。彼の壮絶な過去とは…

 

爽やかで、いつも優しい笑顔を浮かべているのが印象的な『成宮寛貴(なりみや ひろき)』さん。

2016年5月現在、出演中のドラマ『不機嫌な果実』でも、多くの人の心を捉えていますね。

そんな成宮さんですが、実は俳優として成功した裏には大変な苦労があったようです。

鶴瓶さんがMCを務める『A-Studio』で、その壮絶な過去を明かしてくれています…

 

SPONSERD LINK

 

成宮さんの幼少期は母子家庭で、弟さんとの3人暮らしでした。

しかし成宮さんが14歳の時、身体が弱かったお母さんは体調を崩し、若くして亡くなってしまいます。

小学生である6歳下の弟さんと二人きりになってしまった成宮さんは、生活を支える為に引越しのアルバイトで働き始めます。

それから数年は昼夜問わず働き詰めだったそうです。

そんな中でも、毎日弟さんには欠かさずお弁当を作ってあげていたとのこと。

そして弟さんを進学させるために選んだ道が芸能界入り。

進学させるためには多くのお金が必要。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓