【想い】父が42才で亡くなり、母から笑顔が消えた。だが、ある日ニコニコしている母がいたので「何かあったの?」と聞いたら…

うちの父と母は同い年で、生まれた頃からの付き合いだったというのおさななじみ 

20の時に結婚したって話だから、ゴールまで20年というそれこそ大恋愛の末に結婚したそうな

いい年こいたおっさんとおばさんがそのへんのバカップルよろしく茶の間で四六時中

イチャイチャしてるような環境で育ったおかげでちょっとやそっとの下世話な話や街中で平然と抱き合うようなバカップルでも全く腹が立たないのは、

まあ教育のたまものともいえるかもしれないな・・

SPONSERD LINK

そんなはた迷惑な中年であったうちの両親だったのだけど、

父が42の時に癌で死んでしまうと、いつもはニコニコと笑顔の絶えなかった母が、人が変わったように暗くふさぎこんでしまうようになった。

息子で長男の俺は、父の死も束の間に、どんどんと痩せ細っていく母をなんとか励まそうと

色んな観光旅行に行ってみたり、趣味になるようなものを色々と勧めてみたりしたけれど、

やっぱり母は以前のようないやみのない笑い顔を見せることはどんどん少なくなった。

2つ年の離れた妹と一緒に頭を抱えて、眠れない夜を過ごしたある明け方に、急に前のような笑顔を顔に浮かべた母がおきてきた。

↓↓↓ 次のページに続く ↓↓↓