【ちょっといい話】育ての親はネコ…赤ちゃんが最初に発した言葉は猫の名前だった

 

2歳の猫「ラリー」“Larry”は、残念ながら前の飼い主には気に入られず、赤ちゃんが生まれたばかりのミシェルさんの家に引き取られました。

赤ちゃんのアベル君はラリーをとても気に入り、ラリーもまた育ての親のようにアベル君に接するようになったのです。

驚くことにアベル君が生後9か月で発した最初の言葉は“Yarry”(“Larry”の赤ちゃん発音)だったのです。

 

1.

1

常にくっついて離れないふたり。

 

2.

2

座ってる時も。

 

3.

3

寝そべってるときも。

 

4.

4

何をしているときも楽しそう。

 

SPONSERD LINK

 

5.

6

タブレットを使っているときもこの通り。

 

6.

7

せまくてもベッドで添い寝。

 

7.

8

「ねえねえ、あれを見てよ」

 

8.

10

人間の親子以上にいつも一緒にいることから、両親もびっくりだそうです。

猫も赤ちゃんもやさしい性格だからこその仲良しな関係なのでしょうね。

————————————
引用元:labaq.com