【GJ】「お金、貸して欲しいんだけど…」と友人に言われ、理由も聞かず貸した結果…
こんな家が他にもあるかもしれないとか信じたくない… 友人(A)が嫁いだのは超田舎の膿家脳の家だったらしい。 元A旦那一家はテンプレ通りAが嫁ぐまで本性を隠していた模様。 それまで私とAは数か月に一度は連絡を取るほど(家族と変わらない頻度)親しかったが、Aの結婚を期に一年半ほど連絡が途絶える。 私は、結婚したんだしそんなものかな?と特に気にしなかった。 Aが結婚して約一年半後、仕事から帰ったらマンションの前にAの姿が。 以前のAからは考え付かないほどヨレヨレの格好で、雰囲気も凄く儚くなってた。 何でいきなりAが?とは思ったけど、雰囲気から何か余程悪いことがあったとしか思えなくて、とりあえず無難に「A?久しぶり~」明るすぎないように声をかけた。 Aも振り向いて、「久しぶり」と返してきた。 正面から見たAは、『やつれている』という表現がそっくり当てはまるような風体だった。 大学受験で二浪した時よりずっとやつれていた。 標準よりちょいぽちゃで普通に身だしなみも整えてたのに、そのときのAはすごく痩せてて、頬も少し窪んでいて、綺麗だった髪もバサバサで、服も今時売ってないような古臭い感じで、Aの家族に何かあったんだろうかと不安になった
SPONSERD LINK
私「A、どうしたの?家族は?」 A「…あのね」 私「ん?」 A「お金、貸して欲しいんだけど…」 私「…何円かな?」 A「…十、万円」 その時のAの声は今でも憶えてる。 物凄くか細くて泣きそうで、でも全く声は震えてなかった。 Aが元彼に振られた時も、泣きはしたけどこんな絶望的な声なんて聞いたことなかった。 Aのご両親に頼まないのも、何か理由があるのか、既に断られた後なのだと勝手に脳内で結論付けてた。 大金を無心されたので、本来なら何に使うのか、どうして必要なのかきっちり聞くべきだけど、Aの雰囲気があまりにも異様だったので、聞いちゃいけないような気がして聞かなかった。 そして今思えば自分でもびっくりするほど快諾した。 まだ銀行が開いていたので、Aも連れて行ってその場で50万引き出した。 封筒も買って、全部入れてAに渡した。 A「えっ?え…?」 私「持ってって」 A「え、でもこんなに…」 私「いいから」 A「…わたし、何も話してないよ?」 私「うん。私も聞いてない」 半ば無理やり押し付けてAに渡した。 なぜこんな奇行をしたのか自分でも分からない。 Aは本当にお金を無心しに来ただけで、すぐに行かないと、と帰って行った。 「ありがとう、ありがとう、絶対、絶対に返すから」って言葉に、何を思ったか「うん、応援してる」と意味不明な返事をして、Aと別れた。 50万はAにあげたつもりだったから気にもせずに過ごしていた。 それからは特に音沙汰もなかったが、さらに半年ほど経ったところでAが再びマンション前に現れた。 ↓↓↓ 次のページに続く ↓↓↓