【大切なこと】両親は障害のある我が子をメモと一緒に公園に置き去りにした。しかし4年後…

 

2012年の春、中国寧波(ニンポー)市の公園で、ひとりの赤ん坊が発見されました。

その子が入れられていた箱の中には、「お願いです。 この子を救ってあげてください。」と綴られたメモが残されていました。

1

 

メモには、赤ん坊が聴覚障害を持っていること、お金に困っている家庭ではこの子が必要とする養育をすることができないことが説明されていました。

 

この男の子の赤ん坊は、児童養護施設に保護されます。

しかし聴覚障害のため、乳児期から孤立することが多かったそうです。

そんな彼はその後、遠く離れたアメリカ人女性の心を掴みました。

 

SPONSERD LINK

 

ずっと里子を引き取ろうと考えていたモリー・サノと彼女の夫は、聴覚障害を抱える男の子が里親を求めていることを知り、2014年10月2日、その子と面会するために中国を訪れました。

面会当日、モリーが抱かれた2歳の彼は、安心してすぐに泣き止みました。

「一目惚れのような感覚だった」モリーはそう語ります。

養子縁組をすませた親子はアメリカへと戻り、新しい息子は「ベネット」と名付けられました。

2

 

ベネットは、新しい家庭で愛情をたっぷりに受けて育っています。

実はモリーは手話の講師で、彼女の夫も聴覚障害者です。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓