【賛否両論】奥さんが「今日ご飯作んの面倒くさい!」 この時奥さんが思っている本心とは…?

 

ここ最近、Twitterを中心に話題になっている夫婦間のやり取りについてのエピソードをご紹介したいと思います。

最初に申し上げておきますが、非常に様々な意見が寄せられていて、どれが正しいということはないと思いますが、私自身、様々な意見を見聞きして、共感を受けた部分、勉強になった部分がたくさんありました。

人はそれぞれに考え方や、感情の表し方があるからこそ、こういったエピソードを見聞きすることは、非常に参考になります!

それでは、早速、話題の発端となってツイートを見てみましょう。

———-

 

SPONSERD LINK

「今日、どうしても料理するのが面倒くさい」でも、「使わないとダメにしてしまう食材がある…。」

この状況は非常によくわかります。

週1回くらいのタイミングで、同じようなことが、私もあります…。

正直、これを初めて見た段階では、「そうだ!その通りだ!旦那が作ってくれたら、いいのに…。」と思ってしまった自分がいます。

共感 or プラスでこう思う!という意見

———-

「疲れたから今日は作って」と直接言って。という意見

———-

旦那さん側からの意見として参考になるという意見

@sakurajimanini: これは痛いところ――ワシは料理ができない。かといって、無理して台所をカオスにしてはいけない。で、カミさんにしてやれることは限られてくる。 会社のポジションが上がっても、自分の能力が上がっているわけではないことを肝に銘じたい。— パパぱふぅ (@papa_pahoo) 2015, 12月 7

———-

全体的には、「直接言ってよ」「察しろというのは無理」というのが、男性、女性共に多かった。という印象です。

私自身、こういった人の意見を見聞きした結果、察しろっというのは無理だよな。。。と反省もしました。

このエピソードで改めて勉強になったこと、当たり前のことですが「お互いの思いやり」と、「コミュニケーションが大事」ということかなと感じました。

今回のケースでいうと、奥さんも「察して」ではなく、「今日は疲れたから、料理作ってくれたら嬉しいな」とか、もう一言あったほうがよかったのではないでしょうか。

逆に、旦那さんも「外食でいいって言ってるのに、なにをイラついてるんだ」と思うのではなく、どうしてイライラしているのか、考えてあげてもよかったのではないかと思います。

長い間を共にする夫婦だからこそ、当たり前のコミュニケーションを疎かにしてしまうこともあるのだと思います。

そんな時はこのことを思い出して、ちょっとだけ相手のことを考えられたら、良い結果に繋がるのではないでしょうか。

————————————
引用元:heaaart