【夫婦】結婚は同族のオタクじゃないと無理と思ってたオタクの俺とス­ポーツ万能快活美人な妻

 

うちは職場結婚。

俺が課長をやっていた部署に新しく来た派遣社員が嫁。

知り合った当時、俺は30代半ばのもてない隠れオタク(模型・特撮・マンガ・アニメ)で、親兄弟や友人からは結婚をせっつかれていた。

結婚したくないわけじゃなかったがモテないのを自覚していたし、自分の趣味が大事で、少なくとも自分の趣味を理解して許してくれるくれるような女、できれば同族のオタクじゃないと結婚は無理、とネガティブに思い込んでいた。

嫁は俺とぜんぜん違う社交的なタイプで、中学・高校ではソフトボール、大学ではガチなスポーツ系のサークルにいて、スポーツ万能のスレンダーマッチョだ。

知り合った当時は20代の末。

背が高くて姿勢が良くて肩幅も広くて、今もそうだけど腕にはビッと筋が浮き上がっていた。

美人だなあとは思っていたが、ルックスは怖め(天海祐希に似ていると言われる)だし、運動神経ほぼゼロのメタボ気味オタク中年としては妙にコンプレックスも感じて、絶対この人と恋愛関係とかはないな、と思っていた。

 

SPONSERD LINK

だからなんで嫁が俺に惚れてくれたのかは未だによくわからない。

仕事に対する真剣さとか責任感とか真面目さとか言われたことはあるが、あんまりしつこく聞くと、嫁は顔を赤くして怒っちゃうんで。

中小企業なんで、嫁が俺を憎からず思っていることは社内では役員・上司や部下に到るまで(俺を除いて)ほぼ気づかれていて、みんなで「(俺)と(嫁)さんをくっつけてやろう」という応援体制だったらしい。

それを結婚式のスピーチでバラされたときはもう恥ずかしくて恥ずかしくて氏にたかったぜ。

そんなわけで、嫁が働き始めて2ヶ月程たった頃、俺の仲の良い同期がキューピッドを買ってでた。

そいつと飲みの約束をした店に行ってみたらそいつは来なくて、代わりに嫁が現れた。うろたえる俺。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓