【ちょっといい話】会社でお局先輩がいて私はストレスの多い日々を送っていた。だけど時々物凄く暗い表情をしていることに気づき、理由を知って思わず涙…

 

社会人になって初めての就職先は、自宅からそう遠くない場所にある小さな下請け会社でした。

私はそこの事務員として採用されたのです。

学生の頃とは違って個人の責任の重さというものを日々感じながら、それでもどうにか会社にも仕事内容にも慣れてきた頃。

私には、どうしても馴染めない先輩がいたのです。

その先輩は、おそらく私の母親と同じくらいの年齢で、ふくよかな体が遠くからでも分かるような外見と、大きな声が特徴の女性でした。

影で「お局さま」と呼ばれる先輩は、どうやら多くの社員たちの間で煙たがられる存在のようでした。

細かいことでちくちく小言をいうような人でしたし、特に私くらいの年代の社員のことをまるで目の敵にでもしているかのように、よく捕まえては小一時間も説教されるのです。

もちろん、私もそのターゲットの一人でした。

服装から髪型、メイクにまで口を出してくる先輩に、私はある時涙を流してしまったのです。

そんな私の顔を見て、先輩はひるむどころか更にきつい口調で「私はあなたが憎くて言ってるんじゃないの、あなたが後々困らないように、あなたの為を思って言ってるの。勘違いされては困る」とピシャリ。

いくら仕事内容が楽しくても、他の皆とうまく出来ていても、この先輩ひとりの為に私はストレスの多い日々を送っていたのでした。

 

SPONSERD LINK

家に帰って母親に泣きついても、「まだ社会人になったばかりなんだから我慢して頑張りなさい」とあしらわれるばかり。

その頃は恋人も居ませんでしたので、誰に寄りかかればいいのかわからず、ただひとりで悶々としていたのでした。

そんな先輩なのですが、時々物凄く暗い表情をしていることがあることに気が付きました。

いくらお局様とは言え、まぁ人間ですから、体調が悪かったりすることもあるでしょう。

むしろそんな時は私たちに対する風当たりもソフトになりますので、かえって有難いようなものでした。

先輩と同年代の社員の人たちはなぜか先輩には優しいようで、そんな時はとても気遣っているのが見て取れました。

それもなんだか納得がいかないことです。

いくら年が近いからと言って、普段のお局様の厳しすぎる様子を見ているはず。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓