【父と娘の感動する話】彼女は絶対に笑顔をたやさない人前で涙や弱音を吐かない人でした。

 

私は都内でナースをしています。

これは二年ほど前の話です。

ある病院で一人の患者さんを受け持つことになりました。

22歳の女性の患者さんです。

彼女は手遅れの状態で癌が見つかり半年もつか分からない状態でした。

彼女は笑顔がかわいらしい目のくりくりしたタレントさんみたいにかわいい人でした。

末期のがんであと半年もつかわからないことは彼女もしっていました。

けれど絶対に笑顔をたやさない。

人前で涙や弱音を吐かない人でした。

そして明るく、とっても優しい人でした。

私と彼女は同い年でした。

私は彼女を尊敬しました。

 

SPONSERD LINK

彼女は上智大学の4年生でした。

彼女はよく「卒業して子供たちに英語を教えたい」と言っていました。

彼女は大学でアメリカに1年、留学していたからでしょう。

同じ病院の小児科の子供たちにも好かれてよく英語を教えていました。

彼女にはお母さんがいませんでした。

彼女が小学生のときに家を出て行ってしまったそうです。

それから、お父さんと二人でくらしていました。

彼女はお父さんのことが大好きでした。

彼女はあえて抗がん剤治療はしないで進行をとめる薬を投与していました。

髪は抜けなかったものの、体は日に日に弱っていき、容態は悪くなる一方で彼女は日に日に衰弱していきました。

12月に入りました。

彼女は意識がなくなりもうもたない状態になりました。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓