【温かい心】病院のトイレのドアに「入院して二ヶ月 直らない もうだめだ」という落書き。二週間後、再びそのトイレに入ると、そこには驚きの光景が…

 

とある男性が大きな病院に通っていた時に目撃した、一つの光景。

その病院のトイレに入り、扉を閉める男性。

すると、その扉の裏に、一つの落書きが書いてあったのでした。

『入院して二ヶ月 直らない もうだめだ』

 

SPONSERD LINK

そこには、病院という場所で見るにはあまりに心苦しい、切実な落書きが書かれていたのです。

何か病気を患っていると、とても気持ちは落ち込むもの。

公共の場に落書きというのは決して良いことではありませんが、この落書きをしてしまった人も、自分の命の危険を感じる絶望的な状況だったからこそ、誰にも吐き出せない不安を落書きという形で吐露したのではないでしょうか。

そんな書き込みを見た男性。

二週間後、通院のために再び病院に訪れます。

そしてトイレを利用した時・・・

その男性は、驚きの光景を目にするのでした。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓