【育児】”サイレントベビー”って知ってますか?赤ちゃんを”サイレントベビー”にしてしまう親の行動とは…

 

話すことのできない赤ちゃんは、泣くことが仕事です。

泣くことで、

「お腹が空いた」

「オムツが濡れていて気持ち悪い」

「抱っこして欲しい」

と気持ちを伝えています。

また、赤ちゃんは「新生児微笑」と言う生理的な笑顔を持っており、笑うことで、周囲の人に可愛がられ、愛されようとする。

そういう本能を持ち合わせて生まれてきます。

そして、徐々にそういった生理的な微笑から、自らの意思で笑う「社会的微笑」を覚え、感情を表現するようになるのです。

しかし中には全く泣かない、全く笑わない、そんな赤ちゃんもいます。

 

SPONSERD LINK

そんな赤ちゃんのことを”サイレントベビー”と言われています。

サイレントベビーについて、書かれている記事を発見したので紹介します。

それは赤ちゃんの声に関心を示さず、長時間赤ちゃんを放置している親が原因と言われています。

もちろん、お母さんはとても忙しいので、家事の合間に泣かれても直ぐに反応できないこともあります。

それは全く問題ないので、心配ありません。

この場合の「赤ちゃんの声に反応しない」とは、赤ちゃんがどんなに泣いても抱こうともしない、

また赤ちゃんが泣いたら「うるさい!」と怒鳴りつけ、時には暴力を振るうことがあるなど、ネグレクト(育児放棄)また虐待の要素があるケースを示しています。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓