【教育】5000人超の青少年と向き合ってきた水谷先生が、「死にたい」と相談されたときの回答とは…?

少年少女の非行や薬物依存症問題に尽力し、5000人超の青少年と向き合ってきた水谷修先生。

「死にたい」「手首を切った」

そんな相談に水谷さんはどのように答えているのですか?

という質問に・・・

SPONSERD LINK

「水谷です。君が死ぬのは哀しいです」

それだけです。

すると大体

「ごめんね、先生を哀しませて。でも死にます」

と返ってくる。

これでこの子は死にません。

なぜでしょう?

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓