【いい話】形では表せない贈り物

 

私も家が貧乏だった。

早くに父が他界して、母と二人暮し。

多分、給食費を払うのも精一杯だったと思う。

1,2年の担任の先生がいつも気にかけてくれていた。

新たに教材を揃えないといけない時は、前年の残りや先生の物をコソっと分けてくれた。

文房具も揃えきれない私に先生は、成績が上がる度や、毎年誕生月に 鉛筆、ノート、消しゴムなどを

「皆にはナイショだよ。」

と言ってプレゼントしてくれた。

それは小学校を卒業して、中学生になっても続けてくれた。

私が高校生になるのをとても楽しみにしてくれていたのだが、私の制服姿を見て貰える事無く、突然この世を去ってしまった。

 

SPONSERD LINK

高校生になって、アルバイトで初めて貰った給料でネクタイを買った。

初めて稼いだお金は、先生へのお礼に使いたいとずっと思っていた。

母も賛成してくれた。

休日、二人で先生宅を訪れ、奥様に今までの経緯とお礼を述べ、 持参したネクタイを受け取ってもらうと、奥様はふと想い出したように席を立たれた。

奥様は小さな包みを持って来られると、それを私に差し出し、

「きっとこれはアナタへの贈り物だと思うの。夫は普段、学校の事は一切話さなかったの。 でも、『高校受験する生徒がいる』と、まるで自分事のように心配してて。小学校の先生なのに可笑しいわよね。」

と懐かしむように話してくれた。

先生からの最後のプレゼントは、万年筆と小さなメッセージカードでした。

カードには、「これからも沢山勉強しなさい。」と書かれていました。

部屋を見回すと、ノート、シャーペン、下敷き、定規、辞書、参考書。

どれも先生から頂いたものばかり。

でも、物では返せない、沢山の御恩を先生から頂いたと思うのです。

もうすぐ私は先生の言葉を胸に、母校の教壇に立ちます。

————————————
引用元:形では表せない贈り物
画像:写真AC