【優しさに涙。。】仕事で上司・先輩に救われたひとこと

「まあこいつはちょっとは営業成長したな」
「お前ががんばってるの俺はわかってるから」
「わかった。お前の面倒は俺が見るから安心して働け。」
って言ってもらったことがある。
なんか知らないけど、泣いた。
俺は、人の上に立てない人間かもしれないけど、この人のためなら死んでもいいと思った。

————————————
自分のミスをかばってくれた上司。漏れがお得意様の逆鱗に触れてしまったのだ。
上司はその事に誠意を持って陳謝してくれた。プロジェクトからも外される覚悟で
いたが、こう言った。「プロは金をもらっている人間の事じゃない。金を払ってでも
その仕事をやってもらいたい人間の事を言うんだ。お前にはその素質があるし、
今後もこのプロジェクトに参加し続けてもらいたい。」正直、トイレで泣いた・・・。
漏れはこの人の為に今、仕事をしている。

————————————
俺がミスを重ねたために異動を余儀なくされた時に、上司がかけてくれた言葉。
「絶対に這い上がってこいよ」
あれから5年、来年から前の職場に戻る。

———————————–
「お前と仕事していたころが一番楽しかったヨ!」と、漏れの不祥事で責任を
取らされ飛ばされた上司からの一言・・・。
中々、言えないよな、普通こんなこと。

————————————
最近はちょっと打ち解けてきたけど、前まで俺のことをボロクソに言ってた上司に言われた言葉。
「俺はこれからもお前をボロクソに言うだろう。何でかわかるか?
お前を嫌いだからじゃない。お前はやりゃあできるんだから!もっと頑張れ。」
今まで一度も俺を肯定することなんて無かったのに、ちょっと嬉しかった。
あぁ、やってやろうじゃねーか、って気になれたよ。

————————————
入社3年して上司から、この仕事好きか?って聞かれて、
「正直好きでも嫌いでもありません。仕事だからやっています。でも自分には向いてないかも知れません」と答えたことがある。
その上司は、「そうかだったら辞めるな。お前は正直だ、必ず伸びる。俺は今年異動になる」
え、と思ったが、俺には関係ないと正直思った。
この上司あまり誉めないどころか、そんなんも解からんのか、と怒鳴るタイプだったが、怒鳴った後きちんと説明してくれるので決して嫌いではなかった。
それから数年して俺は海外へ転勤したのだが、そこでの評価は最悪なものだった。
お客様からの評判はいいのだが、社内での俺の評価は最悪だった。
3年経ち日本帰国が決まったとき、俺は元上司の所へ転勤することになった。
9年ぶりの再会。
後から他地区の上司に聞いたんだが、評価の悪かった俺を真っ先に引き取ってくれたのが、この上司だった。
その上司は後に、「やっぱりお前を引き取って正解だった、お前は俺の睨んだ通り、成長していた」と言われた。
正直涙腺がゆるんだ。

————————————
「できないことは分かっていた。が、想像していた以上によくやった。」
腹蔵なく言われた。
嬉しかった。

SPONSERD LINK

ウチの上司はオレの同僚のSばっかりにキツくあたってたけど
そのSが事故で亡くなっちゃってその葬儀のときに
泣きながら「10年後のオマエを見て怒っていた・・・10年後のオマエは出来る男になってた」
って言ったときは目から水でた

————————————
誰からも、居てもらいたい存在になれ。
そう思ってくれる人には
自らも正しく接して 正しく評価してあげなさい。
そうすれば自分の価値観が良く分かる。 
って、目上の人に言われた・・・。
俺は周りを良く見てなかったって事かな??

————————————
「次に出る査定で文句があるならオレに言え、俺の力がないからだ」
って言われて軽く泣けた。
ついでに「おまえの査定で文句あるんだったら他のやつはもっと文句があるはずだ」
といわれて、がんばってる仕事を見てきちんと評価してくれていることに感謝した。

————————————
お前一人のミスで会社が潰れることは絶対ないからのびのびやれ!
お前が売上伸ばせなくてもそれは俺の責任やから

————————————
俺を見込んで地方から東京への栄転に抜擢してくれた上司。
ただ、環境の違い、流されて仕事をする周囲に俺も流されかけたし、仮に地方のときのように頑張っても評価されないような気もした。
約三年後、その他の理由もあり別業界に転職を決意したんだけど、地方からオレに期待を込めて送ってくれた上司に謝罪もこめて報告した。
失望されても仕方がないな、と覚悟して。
上司は
「『どんな』仕事をするかではなく、『どのように』仕事をするかが大切だよ。(オレ)は十分この会社で頑張ったよ。」って。
懐の大きさと、認めてくれたうれしさ、その人の期待に応えられなかった情けなさ、いろんなものがこみ上げてきた言葉だった。この会社に入っての一番の収穫は、こんなすばらしい上司に出会えたことです。
今の会社で、自分に厳しく頑張ります!

————————————
「……まあでも、お前よくやってるよ。………いろんな意味で助かってる」
この後照れ隠しかすぐにいつもの憎まれ口に戻ったけど普段からかってばかりなのに急に素になって言ってくれてすごいびっくりした
うん、まだまだがんばれるッス

————————————
美人で厳しい女の上司、いつも仕事が終わったときだけにっこりして「お疲れさま!」って言ってくれるのが癒される。
「小学校の先生も言ってたと思うけど、人にされて嫌なことはしないこと。自分がされたときは 世の中いろんな人が居るなあ程度に受け止めること。そしたらみんなハッピー!」
これを見る限りは有言実行してるからすごいと思った。
ハッピーとか言ってる時点でわかると思うけどえばらないし無邪気な感じ。
つまるところ、結婚してえ…

————————————
部署移動して一ヶ月。
新しいチームに馴染めず同僚とトラブってしまった。
自分では正しい事をやったと思っていたけれど、大好きな仕事ですら他人と上手くやっていけない自分が腹立たしく、情けなくて落ち込んだ。
そんな時に以前の部署の上司に呼び出された。
「話は全部聞いてる。○○は間違ってない。もう気にしなくていい。だから戻って来い。また一緒にやろう。」
と言ってくれた。
嬉しくて、泣きそうだった。
以前の部署の同僚に聞いたのだが、私がトラブった話を聞いたとき、その上司は
「やっぱり行かせるんじゃなかった」と怒ってくれたそうだ。
新しい部署の上司にも、私の評価が下がらない形で前の部署に戻れるように段取りをつけてくれた。
この人になら、一生ついていけると思った。

————————————
引用元:ライフハックちゃんねる弐式
画像:写真AC