【思わず涙】葬式の最中、父親が入った棺を見つめる少年。少年が、お父さんに向かって涙ながら口にした言葉に会場は静まり返った。

私は大阪府に住む40代の主婦です。

1年前ぐらいになりますが、家が目の前で昔から付き合いのあるご家族のお父さんに不幸があり、お葬式に参加させていただいた時のことです。

そのお父さんはいつも笑顔を絶やすことなく、すごく家族想いで、休日には子供たちとの時間を大切にする理想のお父さんという感じでした。

昔からこのお父さんとは面識があり、子供さん達が小さい頃はよくうちの庭で一緒にバーベキューをしたものです。

このご家族はお母さんが息子さんを生んでしばらくして蒸発してしまっており、父、娘、少し年の離れた小学3年生の息子さんの3人の父子家庭でした。

SPONSERD LINK

お姉さんは18歳ながらに弟くんの母親代わりもしながら、家事をしていていつも大変そうでしたが、家族3人でいつも楽しそうに過ごしていました。

そんな時に、突然お父さんが亡くなってしまったのです。

死因は交通事故によるもので、即死だったようです。

昔からの付き合いだったということもあり、私もショックを隠しきれませんでしたが、子供さん達のことが心配で、葬式の手配など私にできる限りのお力添えはさせて頂きました。

そしてお葬式に参列させていただいた時のこと。

次々と線香を上げに集まる人の中に、棺をずっと見つめる弟くんの姿がありました。

そこで弟くんが、棺に入るお父さんに向かって涙ながらに言葉を口にし始めたのです。

↓↓↓ 次のページ(PAGE2)に続く ↓↓↓